2016年07月13日

2016年度 10時限目「夏休みの学習計画」

こんにちは、さくらです

夏休みまであと1週間、夏休みの学習計画は立てましたか
今回は夏休みの学習計画を立てるときのポイントを話したいと思います

1.やり遂げられる計画を立てよう

学習計画の中身に入る前に大切なことを言っておきます
夏休みの勉強は弱点分野の強化など中身の部分はもちろん大切です
しかし、それと同じくらい 達成感 というメンタルな部分も大切です
今年の夏休みは「つらかったけど、これだけやり遂げた」という気持ちが次への自信と希望につながります

受験勉強は夏休みで終わりではありません
過去の入試問題に取り組んでいく秋以降のほうが、むしろ本当の意味での受験勉強だともいえます

過去問は決して易しくはありませんから、思うように得点できずくじけそうになることもあるでしょう
そんな厳しい秋の勉強に自信と希望を持ってつなげていくための勉強が夏休みの勉強なのです
そのために、達成感の持てる「やり遂げられる計画」を立てましょう

とはいえ、公立上位校を目指す受験生なら多少は無謀とも思える計画を立てることも必要です

公立の入試問題は基本・標準レベルの典型(パターン)問題が大部分を占めています
上位校では典型問題を確実に得点することが合格のための絶対条件です
典型問題の訓練度が合否を分けますから、数をこなす勉強を避けることはできません

そこで、「絶対にやり遂げたいもの」と「それ以外」との順位づけをしっかりしておきましょう
計画どおり進まずに途中で修正を迫られる場合があっても
「絶対にやり遂げたいもの」を優先していくことで「最低限の目標」が達成できるようにしておくのです
(もちろん、修正することを前提に手抜きしてしまっては意味がありません)

受験の天王山とはいっても、毎日が勉強づけの夏休みが送れるわけではありません
受験生だって人間ですから、やる気の出ない日もあります
そんな場合でも、「これだけはやり遂げた!」と思えるものを中心に据えた計画にしましょう


2.問題集を解こう

夏休みの勉強は教科書や参考書をダラダラ読んでいてはいけません
(そんな勉強なら昼寝でもしていたほうがましです)
問題を解くことで出題パターンを知り、実戦力を養っていきましょう

理科・社会のような暗記教科も問題を解くことで「覚えている・いない」を整理でき、能率よく暗記ができます
まず問題を解き、覚えていないものを抜き出した上でひたすら覚えましょう

どんな問題集をやればよいか悩む場合は、学校や塾の先生(あなたの実力をわかっている人)に相談して
あなたの実力や志望校に合ったものを紹介してもらうとよいと思います

もちろん、前回・前々回に紹介した全国高校入試問題正解(Tel帳)に取り組むのもよいでしょう


3.苦手教科・苦手単元の克服をしよう

教科の中での苦手分野がわかっているなら、苦手分野を集中して訓練しましょう
その場合、克服する分野はできるだけ絞り込んでおきましょう
手を広げすぎてしまうと、どれも終わらなかったなんてことにもなりかねません

例えば、数学が苦手だからといって「1年〜3年の数学を全部復習しよう」などという目標を立てたら失敗します
「方程式の文章題と空間図形を克服しよう」など、単元を絞って集中的に練習することが成功のカギです

苦手克服を目指して達成できないと、ますます苦手意識が増大してしまいます
やるからには「必ず終わる」計画を立てましょう


4.夏期講習は復習までやって完成

夏休みは塾の夏期講習に参加する人も多いと思います
夏期講習には重要単元を組み込んでいる塾が多いので、かなりの実力アップを図ることができるでしょう

ただし、それは復習が十分にできてのことです
塾に行くだけで実力がアップするなら、こんなに楽なことはありません
しかし、あなたの周囲にいる塾に通っている生徒がみんな優秀というわけではないでしょう

使い方を誤っていては、塾に行っても十分な成果を出すことはできないのです
塾で学んできたことを確実に定着させるために必ず復習するようにしましょう

「復習って何をどうすればいいの」という人は塾の先生に聞いてみましょう
その塾にあった方法をアドバイスしてくれるはずです


最後に、もう一度大切なことを言っておきます

夏休みの計画は「やり遂げること」が最も重要です
立派な計画を立てたけど「あれもこれも終わらなかった」では、秋以降の勉強のモチベーションに影響してしまいます

例えば、Tel帳5教科を1県ずつこなして、単語や漢字、計算の練習をやったら夜になってしまうでしょう
さらに弱点克服の勉強を入れようとしても、取れる時間はあまり残っていないはずです

1日4時間も5時間も夏期講習の授業がある人は、Tel帳を5教科こなすことすら難しいと思います
自分の使える時間を十分考慮して、無理のかかりすぎない計画を立ててください
(でも、夏休みですから多少の無理はしましょう)

計画を立てたら、あとは頑張るのみです
頑張りましょう!


旺文社 2017年受験用「全国高校入試問題正解」

Tel帳は「教科ごとの分冊」と「英数国3教科合冊」「理社2教科合冊」があります
使い勝手は分冊のほうがよいですが、5教科買う場合は合冊のほうがお得です
上位校を目指すなら、やらなくてよい教科などありませんから合冊で買うことをおすすめします
ただし合冊は厚くて重いので持ち歩きには向きません、図書館などで勉強したい人は注意してください

5教科買うとかなり重いので、本屋で買うより通販のほうが楽です
(ただし、あらかじめ書店などで見ておくことをおすすめします)






クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 18:21| Comment(0) | 高校受験の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: