2016年09月08日

2016年度 13時限目「残り半年間の勉強」

こんにちは、さくらです
夏休みが終わり1週間が経ちました
学校に通いながら受験勉強を進める生活にも慣れてきたでしょうか

さて、いよいよ入試問題に取り組む秋がやって来ます
本当に「受験勉強」と呼べる勉強はここからです
今回は残り半年間の勉強について、大きな流れを確認したいと思います

高校入試までの半年間には次の3つの時期があります

1.1学期から続く「先取り学習」の時期
2.先取りを終了して「過去問研究」の時期
3.入試直前から入試期間の時期

それぞれの時期で勉強する内容が異なってきます
いつまでに何をすべきなのか、しっかり頭に入れておきましょう


1.先取り学習の時期(〜10月)

秋は入試問題に取り組む時期だと書きました
そのためには未習事項をなくさなければなりません
「習ってないからできない」というのは言い訳にはならないのです
10月いっぱいを目安に中学内容の先取りを終了できるように頑張りましょう

あせる必要はありません
公立上位校志望で併願校が県内私立だけなら、過去問研究は2か月あれば十分です

既習範囲の弱点分野は引き続きTel帳を進めながら対処していきましょう
残り時間を考えると、苦手科目や弱点分野を片端から訓練し直すことは得策ではありません
入試までTel帳で見つけしだい対処するという形で進めていきましょう
(ただし弱点克服を頑張りすぎないように、Tel帳は進むことが最優先です)

Tel帳は冬休みまでに1回目が終了するように進めていけばOKです
ただし、過去問を始めるとTel帳に回せる時間が激減するので9月10月にガンガン進めましょう
先取り学習を終える頃に2・3教科が終わっていると安心です

1回目が終わったら、2回目以降は間違えた問題を中心に問題集として解いていきましょう
テスト形式ではなく、普通の問題集としてどんどん解いてよいということです
入試までに3回転できれば相当な効果が期待できるはずです


2.過去問研究の時期(11月、12月)

先取り学習が終了したら、志望校の過去問(過去の入試問題)に取りかかりましょう

過去問は先取りが終わる前に取りかからないようにしてください
未習事項があっては「知らないからできない」のか「実力が足りないからできない」のか判断できないからです
過去問はふつう6〜8回分くらいしか収録されていないので、貴重な1回分がムダになってしまいます

ただし、私立の出題レベルを知るために1・2回分を解いてみるのはOKです
特に私立1番手校は高校レベルの出題も多いので、早めにレベルを知って早めの対策につなげていきましょう

また、私立は問題が学校ごとに違いますから、問題との相性が出ることがあります
例えば、県船橋志望で併願校には昭和秀英をと考えていたけれど、問題を解いてみたら意外と苦戦して
試しに市川の問題も解いてみたら、こっちのほうが解きやすかったなんてことも起こりえます
問題の様子を知るために早い時期に1・2回分だけ解いてみることは、志望校選択の手助けになるでしょう

過去問の実施方法については10月に入ってから詳しく書きたいと思います。


3.入試直前から入試期間の時期(冬休み〜)

過去問に要する時間は受験する学校数によって異なってきます
公立+私立併願校1校という受験のしかたならば過去問はすぐに終わってしまうでしょう
逆に私立併願校が他都県含め4校以上ある場合は冬休みにかかってしまうかもしれません

時期に個人差はあると思いますが、冬休み前後には過去問にメドをつけ調整期間に入りましょう

千葉県では冬休みが終わると10日で私立入試が始まります
1月17日〜  私立 前期選抜
2月5日〜   私立 後期選抜
2月13・14日  公立 前期選抜
3月1日    公立 後期選抜
1月半ばから3月初めまで、40日以上にわたって入試期間が延々と続きます

長丁場だけに、入試が始まると体力と精神力の戦いになってきます
したがって、この時期は「体調が第1」「勉強は第2」になります

受験勉強は「実力をアップさせる」というより、「実力を100%発揮できる」ための勉強になります
具体的には、使い慣れた問題集で典型(パターン)問題を中心に再確認していく作業になります
もちろんこの時期にもTel帳は使えます(この時期に3回目になっているとgoodです)


3つの時期について、大まかな流れは頭に入ったでしょうか

当面の勉強は夏休みの続きになると思います
しかし、学校が始まっているわけですから自主学習の時間は激減しているでしょう
夕食前の時間などを有効活用できないと、なかなか勉強が進まないことになります

まずは、先取り学習とTel帳について簡単な実施計画を立ててみるとよいでしょう


クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 03:42| Comment(0) | 受験生の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: