2016年09月23日

2016年度 14時限目「この時期に気にしておくべきこと」

こんにちは、さくらです

前回は高校受験まで残り半年間の勉強について、大まかな流れを説明しました
今回はこの時期に気にしておくべきことを2つお伝えします


「模擬試験を毎月受験しよう」

1人で勉強している人は自分のペースで勉強するので、独りよがりな勉強になりがちです
独りよがりな勉強は教科・分野の偏りや学習量不足を招きます
公立上位校ではまんべんなく得点することを求められますから、特定の教科・分野に穴があれば命取りです
(実際には得点しやすい教科、しにくい教科はありますが)

そこで毎月、模擬試験を受験して定期的に実力をチェックしていきましょう
客観的な実力をつかんでいれば、自信も危機感も生まれてきます

模擬試験の結果から弱点の発見もできるでしょう
ただし残り時間を考えると、苦手教科の問題集を丸ごと解いている余裕はありません
見つかった弱点分野に絞って短時間で修復し、少しずつ穴を減らしていきましょう

その意味では、試験が返却されてから何日もかけて解き直しをするのは好ましくありません
できるだけ当日中に自己採点し、返却される前に解き直しや弱点分野の演習を済ませてしまいましょう
すぐに解き直せば、問題文の内容も鮮明に覚えているので解き直しの能率も高まります
模試の後処理はさっさと済ませて、早めにいつもの勉強ペースに戻りましょう

模擬試験で気をつけたいのは、志望校の判定に一喜一憂しないこと
その判定はその試験に限っての判定であり、試験は「たまたまできたり、できなかったり」するものです
今の実力で行ける学校を教えてくれるものではなく、今後の勉強の指針を示してくれるものだと考えましょう


「言い訳をしない、逃げ道を作らない」

「習っていないから」「文化祭や体育祭の準備で時間がなかったから」「学校の試験前だから」・・・
模擬試験や過去問で実力が数値になって表れてくるこの時期は、言い訳をしたくなる時期でもあります

習っていなくても試験に出れば解かなくてはなりません
入試本番では「なんとかすること」を求められるのです

そもそも、なぜ「習っていないこと」が存在するのでしょう
それは勉強不足であることの証しではありませんか
中3の秋だというのに「知らない」ということは「恥ずべきこと」だと思いましょう
(ただし10月くらいまでは未習分野があってもOKです、先取りは早ければいいというわけでもありません)

学校行事や定期試験があっても最低限の受験勉強はやる必要があります
そのために、自分の中で最低限「これだけはやる」ということを決めておきましょう
5分10分の積み重ねでも、半年の間には大きな力となるはずです
寝る前に「今日はこれで寝てしまって大丈夫なのか」自問自答しましょう

言い訳をしても、すべきことが免除されるわけではありません
ただ志望校合格が遠ざかるだけです
言い訳が多い生徒は確実に不合格になります
(そんな生徒を今まで何十人も見てきています)

言い訳をして逃げ道を作るのはやめましょう
逃げた先にあるのは後悔だけです


9月も下旬に入りました
学校も普通のペースになってきているはずです

先取り学習とTel帳は計画通り進んでいますか
学校から帰って、夕方にテレビを見てしまったりしていませんか

ここで手をゆるめては夏の頑張りが水の泡です
自分を奮い立たせて、前へ前へと進みましょう


クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 02:53| Comment(0) | 受験生の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: