2016年10月08日

2016年度 15時限目「受験校を確定する時期」

こんにちは、さくらです

先日、進学コラムで併願パターンについて書きました
中学校で三者面談が行われる秋は受験校を確定する時期です
ところで、この「確定する」という言葉には2つの意味があります

ひとつは、思い続けてきた志望校を「受験校に決める」こと
もうひとつは、思い続けてきた志望校を「あきらめる」ことです

夏休みに計画通りの勉強ができず、8月9月の模試で思うような結果を出せなかった人
夏休み明けに学習意欲を無くして、9月10月の模試に伸びを欠いてしまった人
そういう人は中学校で志望校を出すよう言われると悩んでしまうことでしょう

今の志望校のままでよいのか?・・・と

そういうあなたに、私がアドバイスすることはひとつだけです

今は志望を変える時ではありません、絶対に志望を下げてはいけません!!

えっ、だって最初に「秋は受験校を確定する時期です」と書いてたじゃない、と思うかもしれません

この時期に受験校を確定するのは中学校側の勝手な都合です
千葉県では12月中旬に私立の入試相談があり、それまでに全員の受験校を確定する必要があります
その確認のために11月に三者面談が行われるのです

しかし、ここで確定しなければいけないのは「入試相談のある私立校」だけです
公立はもちろん、私立でも相談のない上位校は確定する必要はありません

公立高校を第一志望にしている場合、秋に志望を下げると確実に実力も下がります

人間とは弱いものです
志望を下げて合格の可能性が増せば、安心して勉強の手がゆるむのです
公立入試までまだ4か月以上もありますから、ここからの勉強のゆるみは大幅な実力低下を生みます

その結果、「志望を下げた学校」相当の実力になっていきます
最悪の場合、志望を下げたにもかかわらず不合格になるということも起きます
今までそういう生徒を何人も見てきました

志望を下げるのはいつでもできます
公立高校の願書提出は2月はじめですから、急いで秋に志望を決める必要はないのです
少なくとも冬休みいっぱいまではできる限りの努力をしてみましょう
公立高校はどこを受けても入試問題は同じですから、志望校がどこでも勉強する内容に変わりはありません

ただし、あなたの志望校が今の実力より2ランク以上高い場合は、そろそろ現実的な志望校を考えましょう
すでに受験の天王山は終わり、飛躍的に実力を伸ばすことが可能な時期は過ぎています
高すぎる志望は「どうせ無理だろう」とモチベーションの低下を生んでしまいます

「志望を下げたがる人」も「志望が高すぎる人」も幸せになることはできません
幸せになれる人は目標に向けて着実に努力を続けられる人だけです


クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 03:02| Comment(0) | 受験生の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: