2016年10月18日

2016年度 16時限目「過去問の準備をしよう」

こんにちは、さくらです

10月も半ばを過ぎ、先取り学習の終わりが見えてくる頃だと思います
同時に、私立の受験校を絞り込んでいく時期でもあります
私立の受験校が決まったら過去問(過去の入試問題)の準備をしましょう

過去問研究の目的は
出題傾向を知ること
時間配分のトレーニングをすること の2点です

出題傾向はパラパラ見るだけでもわかりますが
時間配分のトレーニングにはテストとしての実施が必須です
未習事項があると時間配分のトレーニングにならないので、始めるのは先取りが終了してからになります

早めに過去問を手にした人は興味本位でパラパラ見たりしないようにしましょう
当たり前ですが、1度見てしまった問題はテストとしての意味を成さなくなってしまいます
過去問に掲載されているのは5年分程度なので1回分といえども貴重な試験問題です
安易に覗いてムダにしてしまわないよう気をつけましょう

先取りが終わらないと始められないのなら
「まだ買わなくてもいいのでは」と思う人もいるかもしれませんが
過去問には学習意欲を向上させる効果もあります

目の前に志望校の過去問が置いてあるだけで「この高校を受験するんだ!」と気分が高まります
問題は見られなくても、学校案内や出題分析・平均点・合格最低点といったデータのページは見てもかまいません
私立高校には1教科50点(3科で150点)程度で合格できる学校もあります
「50点で合格って、どんな難しい問題が出されるんだ?」と興味をそそればしめたものです

早く受験校について知ることは学習意欲の向上につながるのです

過去問が複数の出版社から発行されている場合は、書店で見て使いやすそうなほうを買えばよいでしょう
(問題は同じですが解説は各社でつけているので異なります、掲載されている年数も違う場合があります)

受験者数の少ない高校の過去問は在庫切れになる場合があります
過去問は在庫がなくなっても新たに発行されたりしないので、早めに入手しておいたほうが安心でしょう

過去問の背表紙を毎日見ながら、早く取りかかれることを目指して先取り学習を頑張って下さい

過去問の具体的な取り組み方については次回(1週間以内には)に書きたいと思います

追記
過去問に対する考え方は先生によってまちまちです
ここに書いたことは、あくまでも私の考えです
塾に通っている人は塾の先生の指示に従った方がよいでしょう


クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 22:43| Comment(0) | 学習指示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: