2017年01月24日

2016年度 22時限目「私立前期選抜後の公立対策」

こんにちは、さくらです
県内私立前期選抜が終了し、後期選抜までしばし小休止です

このあと、
2月5日から  私立後期選抜
2月13・14日  公立前期選抜
3月1日    公立後期選抜  と続きます

公立高校が第一志望の場合
私立後期まで私立対策に終始してしまうと、その直後にやって来る公立前期の対策が手薄になってしまいます
そこで今回は、公立上位校を目指す人のための「私立前期選抜後の公立対策」についてお話しします


千葉県公立高校の共通問題は、上位校を目指す生徒ならば
80点までは比較的容易に取れるものの、90点以上はなかなか難しい難易度設定になっています

特に国語と数学は90点以上の得点者の割合が非常に小さく、高得点を取るのは容易ではありません
しかも、その場で考える思考系教科であるため
当日の出来次第の要素が大きく、得意であったとしても90点以上を確実に取るのは難しい状況です
(詳しくは、進学コラム「442.千葉県公立入試の教科別特徴」にまとめています)

それに比べると、暗記系教科である英語・社会・理科は準備さえ十分であれば90点以上を狙っていけます

千葉県の共通問題で最も高得点が可能な教科は英語です
上位私立校対策をしてきた生徒ならば、今まで通りの勉強で十分に高得点が可能でしょう

社会も高得点しやすい教科です
ただし、社会はほぼ100%暗記の教科ですから、高得点のためにはそれなりの学習量が必要になります
ここ数年は「全部できた場合に得点を与える」「漢字○字指定」など出題方法がいやらしくなっているので
大雑把な勉強ではなかなか90点以上にはたどり着けません

また、参考書や問題集に載っているような「よく出る問題」だけでは90点以上を取ることはできません
90点以上を狙うなら「あまり出ない問題」でも得点する必要があります
入試問題は教科書をもとに作られているので、教科書をすべて頭に入れるつもりで知識のチェックをしましょう

理科は計算問題など思考系の問題も含まれるので、問題次第では高得点が難しい場合もある教科です
そんな中でも、やはりポイントになるのは知識問題の出来です
思考力が必要な問題は難易度が高いものも多く、時間もそれなりに必要になります
知識問題を短時間でクリアできれば、思考問題にじっくり取り組むことができるでしょう

理科も社会と同様に「よく出る問題」だけでは高得点を取ることはできません
やはり、教科書に載っていることはすべて頭に入れるつもりで知識のチェックをしていきましょう

とはいえ、だらだら教科書を読んでいては非常に能率の悪い勉強になってしまいます
そこで、中学校で配布された教科書ワークを使って問題形式で確認していきましょう
教科書ワークは公立上位校を目指す受験生の最終チェックに大変有効です
(しかも学校で配布されているのですから、新たにお金もかかりません)

知識の確認が目的ですから、思考問題はパスしてかまいません
思考問題は引き続きTel帳で演習していきましょう

理科、社会とも中学の全範囲を終わらせないと意味がないので、計画を立てて確実にこなしていくようにしましょう
1日で10ページ、20ページとガンガンこなしていかないととても終わりません
目的をしっかり理解して要領よく取り組んでください
特に、記憶が消えていそうな「1年の内容」は、しっかり見直しておきましょう

公立前期まで残り3週間です
ここが最後の頑張りどころだと思って、めいっぱい勉強に励んでください


クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 21:20| Comment(0) | 学習指示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: