2017年09月18日

2017年度 13時限目「残り半年間の勉強」

こんにちは、さくらです
夏休みが終わって半月が過ぎました
学校に通いながら受験勉強を進める生活にも慣れてきたでしょうか

さて、いよいよ入試問題に取り組む秋がやって来ます
本当に「受験勉強」と呼べる勉強はここからです
今回は残り半年間の勉強について、大きな流れを確認したいと思います

高校入試までの半年間には次の3つの時期があります

1.1学期から続く「先取り学習」の時期
2.先取りを終了して「過去問研究」の時期
3.入試直前から入試期間の時期

それぞれの時期で勉強する内容が異なってきます
いつまでに何をすべきなのか、しっかり頭に入れておきましょう


1.先取り学習の時期(〜10月)

秋は入試問題に取り組む時期だと書きました
そのためには未習事項をなくさなければなりません
「習ってないからできない」というのは言い訳にはならないのです
10月いっぱいを目安に中学内容の先取りを終了できるように頑張りましょう

あせる必要はありません
公立上位校志望で併願校が県内私立だけなら、過去問研究は2か月あれば十分です

既習範囲の弱点分野は引き続きTel帳を進めながら対処していきましょう
残り時間を考えると、苦手科目や弱点分野を片端から訓練し直すことは得策ではありません
入試までTel帳で見つけしだい対処するという形で進めていきましょう
(ただし弱点克服を頑張りすぎないように、Tel帳は進むことが最優先です)

Tel帳は冬休みまでに1回目が終了するように進めていけばOKです
ただし、過去問を始めるとTel帳に回せる時間が激減するので9月10月にガンガン進めましょう
先取り学習を終える頃に2・3教科が終わっていると安心です

1回目が終わったら、2回目以降は間違えた問題を中心に問題集として解いていきましょう
テスト形式ではなく、普通の問題集としてどんどん解いてよいということです
入試までに3回転できれば相当な効果が期待できるはずです


2.過去問研究の時期(11月、12月)

先取り学習が終了したら、志望校の過去問(過去の入試問題)に取りかかりましょう

過去問は先取りが終わる前に取りかからないようにしてください
未習事項があっては「知らないからできない」のか「実力が足りないからできない」のか判断できないからです
過去問はふつう6〜8回分くらいしか収録されていないので、貴重な1回分がムダになってしまいます

ただし、私立の出題レベルを知るために1・2回分を解いてみるのはOKです
特に私立1番手校は高校レベルの出題も多いので、早めにレベルを知って早めの対策につなげていきましょう

また、私立は問題が学校ごとに違いますから、問題との相性が出ることがあります
例えば、県船橋志望で併願校には昭和秀英をと考えていたけれど、問題を解いてみたら意外と苦戦して
試しに市川の問題も解いてみたら、こっちのほうが解きやすかったなんてことも起こりえます
問題の様子を知るために早い時期に1・2回分だけ解いてみることは、志望校選択の手助けになるでしょう

過去問の実施方法については10月に入ってから詳しく書きたいと思います。


3.入試直前から入試期間の時期(冬休み〜)

過去問に要する時間は受験する学校数によって異なってきます
公立+私立併願校1校という受験のしかたならば過去問はすぐに終わってしまうでしょう
逆に私立併願校が他都県含め4校以上ある場合は冬休みにかかってしまうかもしれません

時期に個人差はあると思いますが、冬休み前後には過去問にメドをつけ調整期間に入りましょう

千葉県では冬休みが終わると10日で私立入試が始まります
1月17日〜  私立 前期選抜
2月5日〜   私立 後期選抜
2月13・14日  公立 前期選抜
3月1日    公立 後期選抜
1月半ばから3月初めまで、40日以上にわたって入試期間が延々と続きます

長丁場だけに、入試が始まると体力と精神力の戦いになってきます
したがって、この時期は「体調が第1」「勉強は第2」になります

受験勉強は「実力をアップさせる」というより、「実力を100%発揮できる」ための勉強になります
具体的には、使い慣れた問題集で典型(パターン)問題を中心に再確認していく作業になります
もちろんこの時期にもTel帳は使えます(この時期に3回目になっているとgoodです)


3つの時期について、大まかな流れは頭に入ったでしょうか

当面の勉強は夏休みの続きになると思います
しかし、学校が始まっているわけですから自主学習の時間は激減しているでしょう
夕食前の時間などを有効活用できないと、なかなか勉強が進まないことになります

まずは、先取り学習とTel帳について簡単な実施計画を立ててみるとよいでしょう


クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 02:51| Comment(0) | 受験生の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月09日

2017年度 12時限目「受験生の定期試験対策」

こんにちは、さくらです

夏休みが終わって1週間が過ぎました
学校に行きながらの受験勉強にも慣れてきたでしょうか

2期制の中学校では、まもなく前期の期末試験がやって来ると思います
(3学期制の人は2学期が始まったばかりですが)
本格的に受験勉強に突入した後の定期試験は、それまでとは違う気持ちで臨まなくてはなりません

千葉県の公立後期ではほぼ全ての上位校で 内申135点+学力試験500点=635点満点 で合否が決まります
内申は5段階×9教科×3年=135点満点、学力試験は100点×5教科=500点満点という計算です

実際にはもう少し複雑な工程があるのですが、ほぼこの計算式で総得点の高い者から合格になると考えてよいです
千葉県の公立上位校は学力試験の比率が内申の3.5倍以上という 学力重視の入試 なのです

前期選抜では内申を0.4倍(54点満点)にする千葉東や、0.5倍(67.5点満点)にする県船橋など
さらに内申比率の低い高校もあります

以前、進学コラムに「得点開示情報〜内申分布〜」という記事を書きましたが
これを見ると、上位校では満点近い内申点を持っていても不合格になることがわかります


定期試験前だから「受験勉強を一時休止しよう」とか「塾を休んで試験勉強しよう」とか考えている人はいませんか
内申と入試の1点は同じなので、そこまでして内申を2点3点上げても入試で計算を1つミスすれば水の泡です
数学の計算問題は1問5点ですから、内申の2点や3点など簡単に吹き飛んでしまうのです

しかも、内申点の計算は1学年45点満点×3年ですから、中3になった段階ですでに90点分は確定しています
中3生が努力でどうにかできる内申点はわずか45点しか残っていないのです
45点とは学力試験500点の10分の1以下です

千葉県の公立上位校受験生にとって、受験勉強は定期試験勉強の10倍以上重要だということです

したがって、公立上位校を目指す中3生は定期試験対策に力を入れすぎてはいけません
たとえ試験前であっても受験勉強をゼロにすべきではないのです
(ましてや塾を休むなどはあってはならないことです、私の塾では定期試験を理由に休むことを禁止しています)

現在の絶対評価による評価方法ではクラスで5〜6番でも 5 をもらえたりします
こういう評価方法では「クラスで1番を目指す勉強」は得策ではありません
たとえ1番になっても、それはその場限りの栄光に過ぎないのです

「いつもはクラス1番なのに、今回は5番なんだね」と言われるのは嫌かもしれませんが
「いつもクラス1番だったのに、どうして○○高校なの」 と言われるほうがもっと嫌ではありませんか
「1番を目指す勉強」を「5番でもよい勉強」に変えれば、試験前でも受験勉強の時間を確保できるでしょう

受験生は「○○があったから、今日は受験勉強ができなかった」と言い出すと合格がどんどん遠ざかっていきます
限られた持ち時間の中で、工夫して勉強時間を確保した人が合格を手にすることができるのです

9月以降の定期試験は受験勉強とのバランスをよく考えて、上手に計画して乗り切りましょう



クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 03:06| Comment(0) | 受験生の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月07日

2017年度 7時限目「公立上位校向け問題集の定番」

こんにちは、さくらです

前々回の講義では「夏休みに向けて課題をピックアップしておこう」と書きました
夏休みの学習成果は事前の計画で決まります
自分の強化したいことを明確にして成果の出せる計画を立てたいものです

ところで、千葉県公立上位校の入試では500点満点で400点を超える得点が要求されます
公立の問題は教科書をもとに作られていますから、難関私立校のような難問を解けるようになる必要はありません
しかし、千葉県の公立入試では必ずしも頻出ではない問題、つまり「よく出ない問題」も出題されることがあります

上位校を目指す受験生はそういう問題にも対応していかなくてはなりませんから、受験勉強は「量の勝負」になります
夏休みは学校が休みであるぶん、時間をかけた勉強をすることができるはずです
強化したい勉強だけでなく、量を稼ぐ勉強もしっかり盛り込みましょう

では、量を稼ぐ勉強をするための問題集は何を選んだらよいのでしょう
強化したい勉強ならば、その教科・単元に絞った問題集を選べばよいですが
量を勉強するための問題集は何もかも載っている総合的な問題集が必要になります

一番簡単なのは過去の入試問題(過去問)ですが、過去問には10回分程度しか問題が掲載されていません
これでは量を稼ぐ前に終わってしまいます

そこでおすすめしたいのが、全国47都道府県の公立(と主要国私立)の前年の入試問題をまとめて収録した
旺文社 「全国高校入試問題正解」(通称「Tel帳」、以下、Tel帳と略)です

これなら公立の入試問題が50以上(独自問題含め)載っていますから、たっぷりと問題演習をすることができます


入試問題にも「流行り廃り」はあります
前年の問題だけで構成されているTel帳なら、最新の入試問題の傾向をつかむことができます
(兄姉のお下がりがあるならそれでもOKですが、5年も6年も前のものは避けた方がよいでしょう)

たくさん問題を解くことで中学校のほぼ全範囲をカバーでき、苦手のチェックや既習の抜けを発見することもできます
苦手や抜けが発見されたら、そこだけを単元別の問題集やワークに戻って練習しましょう
そうすれば、効率よく苦手克服や復習をすることができます

Tel帳は「高校受験勉強の真打ち」ともいうべき問題集です
公立上位校が目標ならば、極端な話、Tel帳と過去問だけで受験対策は十分でしょう

夏休み以降も入試まで、全国の公立入試問題を繰り返し解きまくりましょう

ただし、Tel帳は非常にエネルギーのいる教材です
掲載されているのは入試問題そのものですから、ある程度以上の実力がないと解き進めることも難しいでしょう
特に暗記科目である英語・理科・社会では正解が半分に満たないようでは効果は期待できません
その場合はワークやまとめ用の問題集で復習してからTel帳に取りかかるとよいでしょう

また、志望校がVもぎ偏差値60以上であればすすめられますが、それ以外ならもっと薄手の問題集で十分でしょう
まずは書店などで現物を見てから購入するか決めるとよいでしょう
(くれぐれも、親が勝手に買って与えたりしないようにしてください)

次回はTel帳の使い方についてお話しします(週明けくらいには更新します)


旺文社 2018年受験用「全国高校入試問題正解」

Tel帳は「教科ごとの分冊」と「英数国3教科合冊」「理社2教科合冊」があります
使い勝手は分冊のほうがよいですが、5教科買う場合は合冊のほうがお得です
上位校を目指すなら、やらなくてよい教科などありませんから合冊で買うことをおすすめします
ただし合冊は厚くて重いので持ち歩きには向きません、図書館などで勉強したい人は注意してください

5教科買うとかなり重いので、本屋で買うより通販のほうが楽です
(ただし、あらかじめ書店などで見ておくことをおすすめします)












クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 03:35| Comment(0) | 受験生の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする