2017年02月08日

2016年度 23時限目「公立前期選抜に向けて」

こんにちは、さくらです
公立前期選抜まで残り1週間を切りました

公立入試直前のこの時期、くれぐれも新しい勉強に手を出さないようにしてください
まわりの人が新たな勉強法をアドバイスしてきても気にしないこと
それは、まわりの人が自分の不安を解消するために見つけてきた方法です
(受験生だけでなくまわりも不安なのです・・人は不安になると簡単な解決法を求めてしまうのです)

今まで通りの勉強を入試当日まで続けていくこと、それが最良の対策です

ところで、千葉県の公立入試は「国語」「数学」「英語」「理科」「社会」の順に試験が行われます
公立入試ではこの順番に落とし穴があります

1・2時間目の国語と数学はその場で問題を読んで考える思考系教科です
思考系教科はそのときの状況で出来不出来の差がつきやすく、実力があっても大きく失点することがあります
読解問題に手こずって作文の時間が足りなくなったり
計算ミスで(1)を落としたら(2)以降も全滅になったりと、想定外な出来事が起こりえます

最初の2時間で想定外の失点があると、当然ながら3時間目以降の試験に心理的な影響が及びます
公立入試は実力が伯仲した受験生の勝負ですから、ちょっとした心理の変化で合否が動いてしまいます

3〜5時間目はこのweb進学塾で何度も重要性を解いてきた暗記系教科です
十分に訓練ができていれば、国語と数学の失点を十分取り返すことができるでしょう
しかし気持ちが焦っていれば、長文を十分に読み込めなかったり、実験データを読み間違えたりするかもしれません

1・2時間目の国語と数学では思わぬ失点があるものだと想定しておきましょう

国語と数学で150点(75点平均)しか取れなくても、残り3教科で290点取れば県千葉にも合格できます
(あくまで私の主観ですが、国語、数学で85点取るより、英語、理科、社会で95点取るほうが楽でしょう)

そして試験が終わったら、まわりが話している試験の内容について聞かないようにしましょう
友達と席が並んでいても終わった試験のことは話さないこと
終わった試験について何を話しても得点が増えるわけではありません
ミスに気づいてプレッシャーになるくらいなら、気づかないままのほうがよいに決まっています

「つまらないことで実力を出せなかった」なんてことのないよう、心がけておきましょう
13日14日の公立前期選抜、しっかり頑張って来てください


クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 01:11| Comment(0) | 受験生の心得 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月24日

2016年度 22時限目「私立前期選抜後の公立対策」

こんにちは、さくらです
県内私立前期選抜が終了し、後期選抜までしばし小休止です

このあと、
2月5日から  私立後期選抜
2月13・14日  公立前期選抜
3月1日    公立後期選抜  と続きます

公立高校が第一志望の場合
私立後期まで私立対策に終始してしまうと、その直後にやって来る公立前期の対策が手薄になってしまいます
そこで今回は、公立上位校を目指す人のための「私立前期選抜後の公立対策」についてお話しします


千葉県公立高校の共通問題は、上位校を目指す生徒ならば
80点までは比較的容易に取れるものの、90点以上はなかなか難しい難易度設定になっています

特に国語と数学は90点以上の得点者の割合が非常に小さく、高得点を取るのは容易ではありません
しかも、その場で考える思考系教科であるため
当日の出来次第の要素が大きく、得意であったとしても90点以上を確実に取るのは難しい状況です
(詳しくは、進学コラム「442.千葉県公立入試の教科別特徴」にまとめています)

それに比べると、暗記系教科である英語・社会・理科は準備さえ十分であれば90点以上を狙っていけます

千葉県の共通問題で最も高得点が可能な教科は英語です
上位私立校対策をしてきた生徒ならば、今まで通りの勉強で十分に高得点が可能でしょう

社会も高得点しやすい教科です
ただし、社会はほぼ100%暗記の教科ですから、高得点のためにはそれなりの学習量が必要になります
ここ数年は「全部できた場合に得点を与える」「漢字○字指定」など出題方法がいやらしくなっているので
大雑把な勉強ではなかなか90点以上にはたどり着けません

また、参考書や問題集に載っているような「よく出る問題」だけでは90点以上を取ることはできません
90点以上を狙うなら「あまり出ない問題」でも得点する必要があります
入試問題は教科書をもとに作られているので、教科書をすべて頭に入れるつもりで知識のチェックをしましょう

理科は計算問題など思考系の問題も含まれるので、問題次第では高得点が難しい場合もある教科です
そんな中でも、やはりポイントになるのは知識問題の出来です
思考力が必要な問題は難易度が高いものも多く、時間もそれなりに必要になります
知識問題を短時間でクリアできれば、思考問題にじっくり取り組むことができるでしょう

理科も社会と同様に「よく出る問題」だけでは高得点を取ることはできません
やはり、教科書に載っていることはすべて頭に入れるつもりで知識のチェックをしていきましょう

とはいえ、だらだら教科書を読んでいては非常に能率の悪い勉強になってしまいます
そこで、中学校で配布された教科書ワークを使って問題形式で確認していきましょう
教科書ワークは公立上位校を目指す受験生の最終チェックに大変有効です
(しかも学校で配布されているのですから、新たにお金もかかりません)

知識の確認が目的ですから、思考問題はパスしてかまいません
思考問題は引き続きTel帳で演習していきましょう

理科、社会とも中学の全範囲を終わらせないと意味がないので、計画を立てて確実にこなしていくようにしましょう
1日で10ページ、20ページとガンガンこなしていかないととても終わりません
目的をしっかり理解して要領よく取り組んでください
特に、記憶が消えていそうな「1年の内容」は、しっかり見直しておきましょう

公立前期まで残り3週間です
ここが最後の頑張りどころだと思って、めいっぱい勉強に励んでください


クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 21:20| Comment(0) | 学習指示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月09日

2016年度 21時限目「冬休み以降の受験勉強」

明けましておめでとうございます、さくらです
今年もよろしくお願いいたします

冬休みが終わり、私立前期選抜が目前に迫ってきました
過去問をひととおり終えて、これから何をすればよいのかという人もいるでしょう
そこで、今回は冬休み以降の勉強について書きます

これからは入試本番に向けた準備体操の期間です
いままで培ってきた実力を本番で100%発揮できるように準備していきましょう

数学では「計算問題」「一行問題」でのミスが命取りになります
スピードと正確さが鈍らないよう毎日練習しましょう
Tel帳(全国高校入試問題正解)を持っているのなら、計算問題と一行問題を抜き出して解くとよいでしょう

国語や英語では読解力のキレを落とさないよう、コンスタントに「読解問題」「長文問題」を解きましょう
「1日1題」とか「2日で1題」とか、自分のやりやすいペースで進めてOKです
これも教材はTel帳を使えばよいでしょう

もちろん、「漢字」「英単語・熟語」のチェックも欠かさないようにしましょう
身につけたはずの実力がサビついてはいないか、しっかり確認してください


・・・と、ここまで書いたことは受験勉強の中心ではありません
毎日の勉強に入試に向けた「準備体操の勉強」を入れましょうということです
受験勉強の中心はあくまでも問題演習です
今までどおりTel帳や受験向けの問題集で問題演習を進めてください

以前も書きましたが、この時期に大切なことは「新しい教材に手を出さないこと」です
書店に行くと「○○日で完成」といった直前期用の問題集が並んでいます
タイトルはいかにもそそりますが、上位校を目指す受験生はそんなものに手を出してはいけません
今まで使ってきた問題集を2回3回と繰り返し解いていきましょう

短期間で完成するような問題集は「よく出る問題」を選んで編集されています
この時期になっても知識に穴が多い生徒であれば、よく出る問題に絞ることは効果があります
しかし、それは「50点しか取れない生徒が65点を目指す」勉強です

公立上位校に合格するためには入試で高得点が必要です
この時期には、暗記科目では80点以上は取れるようになっていなければなりません
公立上位校を目指す生徒にとって「よく出る問題」は「習得済みの問題」のはずです

使い慣れた問題集には自分の弱点がピックアップされているでしょう
自分専用に出来上がったその問題集を使うことが最も効果の出る勉強です
1回目2回目で出来の悪かった問題を入試まで繰り返し演習していきましょう

つまり、入試直前期の勉強は今までの勉強の延長なのです
この時期に成果を出すために、今までTel帳などの問題集をこなしてきたのです
2回目3回目は確実に効果が出ます、しっかり頑張りましょう



クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 03:15| Comment(0) | 学習指示 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月20日

2016年度 20時限目「冬休みの学習計画」

こんにちは、さくらです

冬休みが目前に迫ってきました
もう冬休みの学習計画は作りましたか

冬休みはわずか2週間です
その気になれば計画通りに勉強できるでしょう
計画通り勉強できれば、入試前に自信を深めることができるはずです

実力が完成に近づいている冬休みは、夏休みとは比べものにならないほど密度の濃い勉強ができます
学習効率が高くなっていますから苦手分野の克服も短時間で可能です
1日3〜4時間×3日間もやれば相当な問題数をこなすことができるはずです

数学の「座標を文字で置く問題」や「点が動く問題」、理科の「電流」「運動」「イオン」など
苦手なままになっている単元も、基本的なパターンは十分すぎるほどの訓練ができるでしょう
(みんなができる問題を確実に得点することが合格の絶対条件ですから、基本の訓練は大切です)

そのために「冬休みにやりたい勉強」の絞り込みをしておきましょう
短時間で克服が可能だといっても冬休みは2週間しかありません
しっかり絞り込んでおかないと「あれもこれも終わらない」という状況になってしまいます
それではかえって自信を喪失してしまうでしょう

計画を立てる際には、最初に「毎日必ず行うべきもの」を入れましょう
それは今までやってきた勉強といってもよいでしょう
冬休みであっても、今までの勉強は継続していかなくてはなりません
漢字練習、計算練習、理社問題集、Tel帳など、それぞれに今までやってきた勉強があるはずです

次に「冬休みにやりたい勉強」の時間を十分に取りましょう
中途半端な時間設定では演習量不足になってしまいます
冬休みに十分な対策ができなければ、その状態で入試に臨むしかありません
やるからには効果が上がるだけの時間をきっちり取るようにしましょう

ところで、冬休みは学校が休みに入ってからではありません
冬休みに入る前に短縮授業で帰りが早くなったりするなら、それも冬休みの一部です
勉強できる時間を30分でも1時間でも見つけて冬休みの計画に組み込みましょう

受験はより多く勉強した人が勝利します
冬休みは最終決戦です、めいっぱい頑張りましょう!



クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 15:44| Comment(0) | 高校受験の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年12月06日

2016年度19時限目「スパートをかける12月」

こんにちは、さくらです

12月に入りました
そろそろ受験勉強もラストスパートです

この時期はもう学校の勉強を気にする必要がなくなっているはずです
三者面談も終わって受験校に悩むこともなくなっているでしょう
12月は余計なことを気にせず受験勉強に集中できる時期です

過去問の出来がよくなくても弱気になる必要はありません
私立入試までまだ40日以上もあります
夏休みと同じくらいの時間が残っているのです
勉強して、勉強して、勉強しまくって実力アップを果たしましょう

その気になれば、ものすごい勉強ができるはずです
一晩で英単語100個を覚えてもよいし
Tel帳の2教科3教科を12月だけで終わらせてもよいのです

気をつけておきたいのは「冬休みをあてにしてはいけない」ことです
冬休みは誰でも勉強するものです

1日に8時間も9時間も拘束して勉強させる塾もあれば
正月に合宿して昼夜かまわず勉強させる塾もあります
(私の塾では頼まれてもやりたくありませんが)

自主学習している人だって、それこそ朝から晩まで勉強できるでしょう

みんなが勉強してしまえば差をつけることはできません
冬休みからスパートしても すでに遅い ということです

冬休みまでのこの時期こそスパートをかける時です

この12月中に志望校をググッと引き寄せましょう!


クリックでランキングに投票できます。(クリックするとランキング画面が開きます)
記事が参考になりましたら、1つといわず2つとも「カチカチと」クリックお願いします。
にほんブログ村 受験ブログ 高校受験(指導・勉強法)へ人気ブログランキングへ
posted by さくら at 03:03| Comment(0) | 高校受験の勉強法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする